徒然日記

bellet.exblog.jp ブログトップ | ログイン

サポーターイベント 

浜松市動物園のサポーター限定で、不在になっているホッヨクグマ舎に入れるというイベントがあり参加しました。
バックヤードに数回入ったことがありますが、飼育場は初めて!わくわくします。
※キロル君の写真は以前に撮影したものです。


d0090801_10042093.jpg



d0090801_10050986.jpg
プールサイドから見上げるとこんな感じ


d0090801_10050378.jpg
キロルはこんな風に見上げてましたね




アシカ側


d0090801_10045649.jpg

d0090801_10044806.jpg



d0090801_10140639.jpg
見晴らしが良いです
ビーバー舎裏で作業する飼育員さんの
姿もばっちり見えてたのですね



d0090801_10373851.jpg
新しく作られた砂場
プールの近くだと土が入ってしまうので
一番遠くのこの場所になったそうです


d0090801_20184754.jpg
モモちゃんが誤って落下した時のために
クッション材の藁が敷き詰めらてます

※ヒグマのピリカさんはモートに落ちたとき
自力で階段を上りもどったそうです




d0090801_10370998.jpg
これがスプリングクーラ
なのでしょうか?




出入り口
d0090801_10051640.jpg


d0090801_10181530.jpg
クマ気分になり
この扉から出入りしました!

キロル君、バフィンさんが使用していた扉と思うと
感慨深いものがありました

d0090801_10254087.jpg
この場所で記念撮影もしました


貴重な体験
楽しいイベントでした



by yunyu-a | 2016-06-05 10:31 | 動物園 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://bellet.exblog.jp/tb/23198078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヒグチ at 2016-06-08 17:49 x
こんにちは。
飼育場の写真ありがとうございます。
熊目線の視界が圧迫感なく広いことが分かってホッとしました。
砂場の場所の工夫や、
落ちてしまった場合のクッションと自力で登ってくる手段のある旨のピリカさんの解説も
なるほど~と思いながら拝見しました。
天王寺の担当さんの並々ならぬ愛情の深さを思うと
もし浜松の担当さんがあまりにも冷静だったら(本来冷静であるべき?(笑))ギャップが大きくて親子は慣れるまで大変だろうな~と
何となく思ったりしていましたが、帰ってくる前からありありと分かる愛情の深さが良いですね(^^)
出入り口の写真は、お子さんの身長とキロルくんの体高を見比べて、キロルくんの大きさを感じました。
あ~、もうすぐですねー!
バリーバさんがとべの熊舎を覚えていたように、バフィンさんは大丈夫だろうと想像しています。
モモちゃんも、何事もなく慣れてくれるといいですね(^^)
Commented by yunyu-a at 2016-06-08 23:22
> ヒグチさま
こんばんは。
バフィンさんとモモちゃんが浜松に戻る日が近づいてきました。
獣舎を見ながら、砂場を気に入ってくれるかな?モモちゃんモートに落ないように
とか色々思いました。落ちた場合の説明は経験者のピリカさんにお願いしました(´(ェ)`)
大阪はイベントが豪華だし「あれ?なんか今までとちゃうじゃん(大阪弁のつもり)」と
モモちゃん思うかな?
バフィンさん、きっと浜松のこと覚えてると思います♪
無事に移動して、元気な2頭に会えるのが楽しみです。
浜松の担当さんたちも頑張ってくれると思います。私は何も出来ないけど、ブログで
バフィンさんとモモちゃんの様子を発信できたらなと思います。

くま好きによる動物園で撮影した写真と、日々の出来事、バレエのお話を綴ります


by yunyu
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31